会計事務所との相性診断 税理士の松葉です。


実は先日遠くはなれた場所の税理士事務所を探す仕事をしました。

これがかなり「雲をつかむような」仕事だったのですね。

どういうサービスをしてくれるのかなとか、値段はどうかなとか、知識は新しいかなとか・・・

税理士事務所が言うのも遅いのですが、「税理士選びって難しいな」と感じました。


そこで、私どもの税理士事務所の特徴をご理解いただくために質問形式で考え方・特徴をまとめました。


Q1.税理士は?

0.顧客に成り代って申告をする人だと思っている。

1.申告書の記載のわからない顧客の申告書を書く人だと思っている。

2.税務署の出先機関だと思っている。

Q2.税金は?

0.キャッシュフロー重視で考えたい。

1.納税額を少なく考えたい。

2.払う気は無い。

Q3.税務調査は?

0.無い方がいいと思っている。

1.来ても仕方がないと思っている。(来るものだと思っている)

2.事故だと思っている。

Q4.税額を決めるのは?

0.納税者だと思っている。

1.税務署だと思っている。

2.税務調査だと思っている。

Q5.事業をしている方へ・・月次試算表は?

0.ほぼ100%毎月出すものである。

1.70パーセント以上は目指すべき。

2.決算期まで試算表はいらない

Q6.事業をしている方へ・・・会計は?

0.シンプル(簡単)で正確なほうがいいと思う。

1.正確であれば複雑でもいいと思う。

2.会計には何も期待しない。

Q7.税理士と言うと、どんなイメージなのでしょうか?

0.税務署に媚びて税金をまけてもらう人。

1.いつも税務署とやり合っている人。

2.税務署員とは殆ど会ったことがない人。

Q8.遺言は?

0.最低でも一部の財産について遺言をしておく必要があると思っている。

1.全ての財産について遺言をしておく必要があると思っている。

2.遺言はするべきではないと思っている。

Q9.相続争いのときは?

0.専門家として依頼者が100%勝つように協力してほしい。

1.専門家として依頼者が60%勝てるように協力してほしい。

2.関わらないでいてほしい。

Q10.税理士報酬は?

0.安いほうがいいと思っている。

1.高いほうがいいと思っている。

2.普通がいいと思っている。


ご苦労様でした。送信ボタンを押してください。